【アーカイブ配信】 DX時代に採るべき新卒人材を獲得する、ソフトバンクの24卒デジタル人材採用

イベント詳細

好評だった過去開催セミナーの『アーカイブ配信』が決定いたしました。
タイミングを選ばずに視聴が可能ですので、お気軽にご視聴くださいませ。
※速度調整も可能です。
※ネットワークの関係で、音声・動画が乱れるシーンがございますので予めご了承ください。

■□■□—————
デジタルトランスフォーメーションを旗印に、従来まではITを外部委託していたメーカー、小売、サービスといった業界の企業様においても自社でデジタル人材を採用する動きが活発になっています。

その傾向は新卒採用においても同様ですが、専門性を持ったデジタル人材を採用するためにはビジネス職とは異なるアプローチが必要です。
先進企業では自社のデジタル戦略の中核を担っていく”採るべき人材”を獲得すべく、新たなタレントプール形成手法、職種別選考、特別な給与待遇など、採用のアップデートが繰り返されています。

本イベントでは、ソフトバンク株式会社人事本部長の源田氏をゲストとしてお迎えし、具体的な実践例をお話いただくことで、ますます激化するデジタル人材の24卒採用を勝ち抜くヒントを皆様にお届けします。

◆こんな方におすすめ
・これから新卒デジタル人材の採用に注力したい大手ユーザー(メーカー、機械系、小売等)企業様の人事責任者、採用担当様
・より専門性が高く、ハイスキルな新卒エンジニア採用を採りたい方
・新卒デジタル人材の獲得が上手くいかずに悩まれている人事の方

※所属企業が確認できない場合、ご参加をお断りさせていただくことがあります

※同企業で複数名ご参加いただく場合、お一人様ずつのお申し込みをお願いします

※お申し込み後、キャンセルされる場合は事前にご連絡をお願いします

※競合他社様のご参加はお断りさせていただきます

※セミナーの内容は予告なく変更となる場合がございます

登壇者の紹介

ソフトバンク株式会社 源田 泰之
(コーポレート統括 人事本部 本部長)

1998年入社。営業を経験後、2008年より人事領域を担当。
2019年HRアワード個人部門の最優秀賞、2018年プロリクルーターアワード最優秀賞などを受賞。
ソフトバンクグループの後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア、グループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティを立ち上げ、新規事業提案制度であるソフトバンクイノベンチャーでは選出されたアイデアの事業化を推進し複数社の設立を支援。
2021年より、エンジニアリングとオペレーションで変革を支えるSBエンジニアリングと、人事サービスを提供するSBアットワークの取締役も務める。
また、高い志と異能を持つ若手人材支援を行う孫正義育英財団の事務局長も兼務。
株式会社POL 加茂 倫明
(代表取締役CEO)

高校時代から起業を志し、国内外3社での長期インターンを経て、2016年9月にPOLを創業。
LabTech(研究×Technology)領域で研究者や理系学生の課題を解決して科学と社会の発展を加速すべく、研究内容をもとに優秀な理系学生をスカウトできる新卒採用サービス『LabBase』など研究領域に根差す事業を運営している。
株式会社ギブリー 大賀 邦明
(採用ソリューション事業部 セールス&マーケティングチーム マネージャー)

新卒で証券会社に入社し、リテール営業や資産運用を行う。
その後ギブリーに転職し、現在のHRtech部門のベースとなる事業開発、セールス、RA、CS、採用などの職種を経験。
その後、エンジニア採用・教育領域に特化したセールスとして、200社以上の自社ソリューションの導入推進。
現在は、事業推進部のマネージャーとして、営業企画、人材開発、自社採用などを行っている。

個人情報取り扱い

共催セミナーに関する個人情報の取扱いについて/株式会社POL(以下、当社といいます)は、当社「プライバシーポリシー( https://labbase.jp/privacy )」に記載の利用目的に基づき、本セミナーにお申込みいただいたお客さまの個人情報を取得させていただきます。また、お客さまの同意のもと、共催の株式会社ギブリーにもお客さまの個人情報を提供し、同社からの製品・サービス情報等のご案内にも利用させていただきます。利用させていただくにあたって、当該個人情報は「個人情報の保護に関する法律」の定めに従い、適正に取扱います。

株式会社ギブリー プライバシーポリシー:個人情報の取扱いについて

株式会社POL プライバシーポリシー:個人情報の取扱いについて

に同意の上、送信してください。

イベントお申し込み